RUN忍とは

RUN忍とは、GPSアート、ランニングアートを実際に楽しめるルート共有サイトです。「GPSアート」のページで紹介しているGPSアートの道順はすべて公開されていて、これを見ているあなたもすぐにGPSアートを描けます。ルートをプリントしたり覚えたりする必要はなし!アプリの音声ガイドに従って右左、ターン、と指示どうりに進んでください。

東京駅丸の内出口
東京駅丸の内出口は多くの観光客たちが記念写真を撮っている。

東京観光、名所めぐりに

私たちは、誰でもランニングアートを楽めるために、たくさんのルートを公開しています。推薦アプリをダウンロードし当サイトのルートを使用すれば、音声ガイド付きのナビで簡単にGPSアートを完成できます。当サイト作成のルートはどれも東京観光になるよう観光名所を巡れるよう設計されて、ゴール地点には銭湯や温泉があって楽しくランできます。

旅行になるGPSアート地図
例えばこの「皇居ランナー」コースなら、神田、日本橋、東京駅、銀座、勝鬨橋、隅田川テラス、国会議事堂、半蔵門〜皇居周り、東京ドームなど、東京の主要観光地を巡ることができます。

スポーツ、ダイエットに

長距離が苦手ですか?大丈夫、これはタイムを競う大会ではありません。関門を気にせずピクニック気分でおしゃべりしながらのスローランでOK。ロング・スロー・ディスタンス(LSD)、つまり長距離をゆっくり進むランニング走法で、運動経験がない初心者でも始めやすい脂肪燃焼運動としてダイエット効果に期待できます。ルート上、公園があったら靴を脱いで寝転んでもよし。ランチを買ってベンチに座ってもよし。楽しければ続けられる。マラニックやラントリップに通じるアクティビティ、それがGPSアートです。

大会との一番の違いは「体調優先」であること

雨の日でも42キロを7時間前後を濡れていなければならない大会と違って、GPSアートは天候はもちろん自分の体調などのコンディションに合わせて自由に日程を調節できる。雨なら日にちを変えればいいし、風邪ひいたりお腹をこわしたら日程を自由に変更できるし、違約金はなく、だいいち参加費自体ない。

下に紹介する熊本城マラソンで雨が降る中決行され救急搬送続出したという報道をみると、雨天のフルマラソンがいかに危険かがわかる。ITが浸透したネットの時代に非柔軟さはとても非合理に感じてしまう。

ルート利用方法

ルート利用方法はとても簡単。RunGoアプリをダウンロードして目的のルートに「フラッグ」をつけ「ランスタート」するだけ。ステップの詳細は以下の通り。

RunGo
RunGoは無料のランニングアプリ

ランニングまでの手順

  1. RunGoアプリをスマホにダウンロードし、アカウント作成
  2. このRun忍Webから、お好みのルートを探し、スマホで「RunGoでこのルートを走る」をクリック
  3. RunGoアプリに切り替わったら、そのルートに「🚩フラッグ」をつける
  4. 「ランスタート」ボタンで、ナビが開始されますので、ランニングSTART❗️

GPSアートの定義

GPSアート
更新中

自分のなかでもはっきり言葉にできない要素があり更新中。賛否両論あるので時間をかけてまとめる

世界には多種多様なGPSアートがあるが、その中には実際に通れない地帯をルートに入れているなど再現不可能なルート、いわいるネタやフェイクが多い。その点を踏まえRUN忍では以下の定義をもって「GPSアート」と定め、当サイトのGPSアートのポリシーとする。

  1. ラン、ライド、車、飛行機、いずれであっても自分自身が自走していること
  2. 第三者が同じルートを楽しめ、再現性があること
ラピュタのGPSアート

優れたGPSアートの加点基準

下記に即したものは「すごいGPSだ」と感じる作品に含まれる要素と想像し、のちに講評があった場合などで加点の参照値とする。

  • 一筆書きであること
  • アートでありスポーツであるが、アート、スポーツ、どちらかに偏りすぎてないこと(デザインを優先するあまり、ランニングルートとしての機能を損ねていないか)
  • ラン > 自転車 > 車、オートバイ > 飛行機 の順とする
  • 引き返しがない、あっても最小限であること
  • 同じ道でない、あっても最小限であること
  • その地の道の個性が出ていること
  • ピクセルアートよりも優位でギザギザ道は最小限で、あっても「表現」であること
  • 絵になっていること > 写実的 >
  • GPSアート独自の技法を感じること
  • 観光やリフレッシュにもなるロケーション
  • お金や交通費がかからない
  • 再現性があり、迷いにくい
  • ログがあること
  • 公園、砂漠、などのフリーハンドエリアで面積の大部分を占めないこと
  • 階段が少ないなどバリアフリーであること
  • 危険な道路横断や危ない場所、禁止エリアを通らないこと
RUN認

当サイトが「RUN忍」としている理由からランびいきである点、お許しください。