GPSアート桜満開!さくらラン特集🌸

今年の桜は寒かったものの天気に恵まれ、3月末から4月にかけて全国的に1週間雨のないお花見シーズンを迎えた。気温が寒かったことが功を奏してか満開が長く続き、何度も桜ランニングを楽しむランナーがGPSアートをSNSなどに投稿し、日本地図は全国的にGPSも満開となったカタチだ。

ここで、2019年の花見シーズン特に目立った桜のGPSアートをいくつかご紹介。桜の花から桜の大樹まで様々な発想の桜がデザインされ、SNSが賑わいました。

桜の花

列島貫通の大木プランも

まずは、茨城県のGPSアーチスト・ムラチさんによる、GPSアートの設計図。「樹を見て花も観る」と言わんばかりのデカさに驚きます。全長2000キロもあり、これから人生をかけて感想を目指すとのこと。10輪ほどの桜の花の他にも星や鳩のGPSあーとがあしらわれているのだとか。もし詳しく知りたかったらルートラボから拡大してみてください。

桜のGPSアート
茨城県の村地さんによる桜のGPSアートは数ヶ月がかりで作り上げた約2,000kmの桜の大樹の設計図。
桜のGPSアート
茨城県の村地さんによる桜のGPSアート(21.7km)

ムラチさんのフィールドとしてお馴染みのみらい平の桜は、花がハートになっておりピンク色つながりで桜をイメージできるところがさすがだ。

ムラチ情報

つくばみらい市の富士見ヶ丘の迷路のようなユニークな地図を生かしたユニークなGPSアートを数多く公開。いつも常磐道が斜めに入った地図が印象的。

GPSナビを共有
RunGo

桜の花🌸

ナヲ

桜のGPSアート
n_a_w_oさんによる川越市の桜のGPSアート(26.3k)。花びら、花粉ともに均等でバランスがいい模範作。
ナヲ情報

ワラーチ(ランニング用ぞうり)でフルマラソンを走る強者。

mojigumi

桜のGPSアート
mojigumiさんによる桜のGPSアート(25.5k)。
GPSナビを共有
RunGo

seita840

桜のGPSアート
東京都武蔵野市 @seita840 さんによるGPSアート(22.4k)。

たろう

桜のGPSアート
たろう@oragreさんによる川越市の桜のGPSアート(25.9k)。
GPSナビ共有
ルートラボ

特集あとがき

桜のGPSアート特集

さて、桜満開の日本列島にランニングの桜で飾ったGPSアートいかがでしたでしょうか?
他にもここでは見つけられなかったGPSアートがあったかと思いますが、もしご存知の作品ありましたらコメント欄から情報いただけると嬉しいです。
他にも季節のイベントや突発的で優れたGPSアートなど、情報入り次第また特集を組みたいと思いますので、またに身来ていただけると嬉しいです。

この記事を書いた人

RUN忍

2020年の東京オリンピックを前に、遠いところから東京に来た方や海外の旅行者にスポーツと旅行を両立した思い出になればと思い、このサイトを立ち上げました。スタジアムで競技をみてテンション上がった観戦席のアスリートたち。ぜひこのルートを巡って東京の思い出にしてください。