東京五輪2020ピクトグラム公開「円と直線だけで構成」

ある時は駆け、ある時は跳躍し、時と場所を問わず自在に登場し、皆さんの目に止まる事でしょう

東京オリパラ組織員会(東京2020組織委員会)は、東京2020オリンピックスポーツピクトグラムを発表した。デザインは全33競技、50種類。1964年東京オリンピックのデザインポリシーを受け継ぎ、円と直線だけで構成されたデザインだとのこと。

全50種類のピクトグラム

東京オリンピック2020ピクトグラム
東京オリンピック2020の33競技、50種類のピクトグラム
ピクトグラムは2種類で展開。一つは、ピクトグラム単体で表現される「フリータイプ」。もう一つ”円型の中におさめられた「フレームタイプ」。

配色

大会ルックに用いられる、紅(くれない)、藍(あい)、桜(さくら)、藤(ふじ)、松葉(まつば)のコアグラフィックスカラーをサブーとして設定

円と直線のこのデザインは好きだが

東京オリンピック2020を盛り上げる当サイトとしても、このピクトグラムをヒントにGPSアートに取り組んでいこうと思いますが、町の中で円の道など、ロータリー交差点以外はほとんど存在しませんから、円ルートは期待できない。だが、このデザイン思考を目標に各競技のGPSアートを作れれば理想。特に、マラソン、サッカー、テニス、野球、フェンシング、バトミントンといった日本で人気のある種目を中心に増やしていけたらと思う。(バトミントンもラケットが円形…)
試しに作ってみたテニスのGPSアートがこちら…;課題は多い。

大坂なおみのGPSアート
大坂なおみに見えるかな…

公式動画

ピクトグラムの紹介

ピクトグラムのコンセプト

情報元:TOKYO2020「東京2020オリンピックスポーツピクトグラムの発表について

ピクトグラムの拡大

この記事を書いた人

RUN忍

2020年の東京オリンピックを前に、遠いところから東京に来た方や海外の旅行者にスポーツと旅行を両立した思い出になればと思い、このサイトを立ち上げました。スタジアムで競技をみてテンション上がった観戦席のアスリートたち。ぜひこのルートを巡って東京の思い出にしてください。