GPSアートのヒントや刺激になるアイデアや芸術作品

大胆な一筆書きで描かれることが多いGPSアートは、美術界の多くの作品と共通点が多い。その中で特に刺激の強い作品や芸術家を集めました。

クリスチャン・ボルダンスキー

クリスチャン・ボルタンスキーは、フランスの彫刻家、写真家、画家、映画監督、現代アーティスト。兄は社会学者のリュック・ボルタンスキー、パートナーは同じく現代アーティストのアネット・メサジェである。制作活動の初期から、個人の記憶や存在、不在を作品の主なテーマとしている。

クリスチャン・ボルダンスキー
クリスチャン・ボルダンスキー
クリスチャン・ボルダンスキー
クリスチャン・ボルダンスキー

塩田千春

ベルリン在住の現代美術家。大阪府岸和田市出身。2010年度より京都精華大学客員教授。 大阪府立港南造形高等学校卒業。京都精華大学洋画科卒業。1993年からオーストラリア国立大学キャンベラスクールオブアートに交換留学生として留学。1996年、ハンブルク美術大学に入学。

塩田千春
塩田千春
塩田千春
塩田千春
塩田千春
塩田千春
塩田千春
塩田千春
塩田千春
塩田千春
塩田千春

Nigel Hall

NIGELL HALL
NIGELL HALL
NIGELL HALL
まるで地図をトリミングしたのような作品
NIGELL HALL
NIGELL HALL
NIGELL HALL
NIGELL HALL
NIGELL HALL

その他

MOTひろがる地図
MOT サテライト 2019 ひろがる地図」より
MOTひろがる地図
MOT サテライト 2019 ひろがる地図」より
紐やワイヤーなどで揶揄されることが多いGPSアートのルートだが、素描やクロッキーのように大胆な一筆のドローイングであるなら、こんなふうに自らのGPSアートをスローシャッターで撮ることだってできるはずだ。まるでピカソ。

この記事を書いた人

RUN忍

2020年の東京オリンピックを前に、遠いところから東京に来た方や海外の旅行者にスポーツと旅行を両立した思い出になればと思い、このサイトを立ち上げました。スタジアムで競技をみてテンション上がった観戦席のアスリートたち。ぜひこのルートを巡って東京の思い出にしてください。